banner

高麗人参はいつ飲むと効果的?

飲むと元気がでると言われる高麗人参ですが、いつ飲むと効果的なのでしょうか。
この記事では高麗人参を飲む時刻についてまとめます。

食前、食間に高麗人参を飲む

高麗人参は食品ですから飲む時刻に決まりはなく、毎日続けている方も食前、食後、運動時、寝る前など、飲んでいるタイミングは様々です。

漢方薬の場合、満腹時より空腹時に飲んだほうがより効果が大きくなるとされているので、高麗人参も空腹時に飲むとよいでしょう。
食間とは食事の2時間後で、食前とは食事の約30分前までのことを指します。
食前や食間といった空腹時に摂取すると、消化管の中に他の食べ物がなく、吸収が良くなるためと考えられます。
また、高麗人参に含まれているジンセノサイドは、腸内細菌により代謝され、「Compound K」という生理活性物質になるため、腸内細菌に余力がある食間が効果的ともいえます。
高麗人参は胃に刺激を与えたり負担をかけたりする成分は含まれていないため、空腹時に飲むことができます。
しかし、胃の弱い方など空腹時に高麗人参を飲んでみて負担に感じる方は、食後に飲むと良いでしょう。

その他のタイミング

運動後は食間に該当するとともに、運動で栄養を消耗した分、体が栄養を必要としているときなので、栄養の吸収力が高まっています。
就寝前は就寝中に代謝が上がるので、体を作るサプリメントを飲むのが良い時間帯です。
また、就寝前はリラックスしている時間なので、胃腸の働きが良く、栄養素の吸収もされやすいと考えられます。
反対に朝は、活動に必要な栄養素を摂ると良い時間帯です。
高麗人参にはサポニン、アミノ酸、ビタミンなど様々な栄養素が含まれているので、効果的と感じるタイミングについて意見が分かれるのかもしれません。

高麗人参を飲む回数など

高麗人参は1日に1回飲んでも、複数回に分けて飲んでも構いません。
高麗人参は継続摂取によって効果を発揮するので、飲み忘れにくい時間が良いといえます。

banner
Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.