banner

更年期障害に高麗人参!

ある一定の年齢に達した、特に女性に多く見られる更年期障害。 だいたい、45歳~55歳位の年齢で症状を感じる方が多いようです。

更年期障害は、個人差がありますが全身に症状が現れるものです。 精神的な症状ですと、憂鬱感・判断力や集中力の低下・不安・不眠・めまい・耳鳴りなどなど・・・ 自律神経系ですと、身体のほてり・冷え・息切れ・のぼせ・・・ 月経不順・残尿感・頻尿・・・ しびれ・かゆみ・肩コリ・腰痛・関節痛・ドライマウス・ドライアイ・発汗・・・ まだまだ症状はあります。

これらの症状が軽い人もいるのですが、生活をするのに支障をきたすほどひどく症状が現れる人もいます。 しかも、同じ症状が継続的に現れずに、違う症状がかわるがわる現れる場合もあるのが厄介なところです。

検査をしてもこれといって結果に現れるわけでもないので、 45歳~55歳に近い年齢で上記のような症状を感じたら、更年期障害を疑ったほうが良いかもしれません。

そもそも更年期障害の原因は、ホルモンバランスが乱れることにあります。 もともと女性は男性と違って、ひと月の間にもホルモンバランスは変化しますので、 生理前・生理中にイライラしたり、生理の周期に合わせて体調が悪くなったりという人が少なくありません。

女性は人生の間にも、大きくホルモンバランスが乱れるタイミングが2度あります。 それは、性的に成熟する前の思春期の頃と、閉経前~閉経後の約10年間の更年期です。

ひと月の間にも精神的・身体的に不調が見られるのですから、 更年期にさしかかればさまざまな不調が現れるのも想像しやすいかと思います。

性成熟期には、女性の心身の健康に必要なエストロゲンが順調に作られています。 しかし、閉経が近づくにつれて当然卵巣の機能も低下し、エストロゲンが充分に作られなくなっていくのです。

これが原因となって身体のさまざまな不調が現れます。

ひどくなると、ホルモン補充療法といって、ホルモンを薬などで補う治療を行うのですが、 やはり副作用がありますのでできれば自然な方法でなおしたいものです。

高麗人参に含まれるサポニンには、 自律神経を調整する作用・神経のバランスを整える作用・血液の循環を良くする作用があります。 更年期障害の体調改善に適した高麗人参は、副作用もなく安心して利用することができるのです。

高麗人参には、さまざまな身体の不調に作用がありますので(高麗人参で何を予防できるの?を参照してください)、 もしかしたら・・・と思ったら、副作用のある薬に頼るよりも前に、高麗人参を試してみると良いのではないでしょうか。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.