banner

健康食品との組み合わせは可能?

昔の日本人は、野菜をよく食べ、お肉よりもお魚を多く食べていたと言われています。 その食生活が昔の日本人の健康を支えていたといっても過言ではないでしょう。

今となっては高級なマグロのトロなども、昔は脂の多さからあまり好まれなかったという話もあるくらいです。

ところが現代の日本人の食生活は、お肉中心で野菜は一日の摂取量に達していないことがほとんどです。 厚生労働省のホームページには、野菜摂取量の基準値などが詳細に記述されているので、気になる方は一度チェックしてみてもいいかもしれませんね。

また、この状況をふまえれば生活習慣病にかかる方が多いのもうなづけますよね。 生活習慣病でなくなる方は、実に約70パーセントとも言われています。 これは、生活習慣病が重篤な疾患を引き起こす要因となることが大きく関係しているでしょう。(生活習慣病と高麗人参の関係性については高麗人参と生活習慣病!をご覧ください。)

普通に生活しているだけでも、健康維持に不安を抱えている方が多い現代。 気軽に手軽に健康維持に役立つものの需要が高くなっているのではないでしょうか?

そんな時代ですから、多様な健康補助食品がさまざまな会社から販売されています。

高麗人参をはじめとして、青汁・ローヤルゼリーなどなど・・・。

忙しい現代人が、できるだけ手間をかけずに健康維持に役立てることができる健康補助食品は、 まさに時代のニーズに合致していると言えるでしょう。

それぞれの健康食品によって得意とする作用が異なりますので、 高麗人参と何か別の健康食品を組み合わせたいと思う方も少なくありません。

高麗人参も他の健康補助食品も、医薬品ではありませんので副作用もなく、 併用しても特に問題はないとされています。

しかし、場合によっては同じ成分が含まれている場合もあります。 その場合は、重複した成分が1日の摂取量を超えないように注意する必要があります。

同じ成分が含まれているといういうことは、作用も重複するということですので、 広範囲に健康補助に役立てたいのであれば、それぞれの健康食品のもつ作用を 充分に理解してなるべく重複しないように併用するのが望ましいのではないでしょうか。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.