banner

高麗人参の購入「どこで買える?」

高麗人参はどこで買ったら良いのか

高麗人参はどこで買える?

初めて高麗人参を買おうと考えたときに「どこで買ったらよいのか?」分からず困ってしまうことがあります。一言で高麗人参と言っても漢方薬などに使われる生薬の根から、粉末や顆粒、濃縮エキスやドリンクに加工したものまでさまざまなタイプの商品が売られています。
最近は医薬品やサプリメントをインターネット通販で気軽に買える時代になりました。ですが私たちが一般的にイメージする高麗人参は乾燥させた根の部分です。生薬である高麗人参の根が欲しい場合にどこに行けば買うことができるのでしょうか?

価格や品質、産地にもこだわりたい

また高麗人参と言えば高級品でありお高いイメージです。せっかく買うのですから品質が保証されしっかりとした効果が期待できるものが欲しいところです。そこで気になるのが原産国ですが、高麗人参は日本国内でも栽培されているもののその生産量は少なく、高品質ですが価格は高くなかなか手が出せません。
高麗人参の約70%は韓国と中国で生産されています。世界で最も高麗人参を生産しているのが中国です。しかし、韓国産の1/10という安価であるのに対して、品質にはバラつきがあるようで韓国産や日本産よりも人気がありません。
一方、韓国産は高麗人参の本場だけあって6年根を使った高級品から若い4年根を使った比較的安価なものまで、さまざまなものが流通しています。

日本では白参・紅参が一般的

高麗人参は加工法によって3つに分かれています。生の状態の「水参」、水分が14%以下になるまで乾燥させた「白参」、蒸してから水分が12%以下になるまで乾燥させた「紅参」です。
日本では健康食品や薬に加工したものが中心であり、水参はほとんど見かけず入手は困難です。一方、白参は若い4年根を主に加工していて比較的安価ですが、皮を剥いているため有効成分ジンセノサイドの量が少ないのがデメリットです。
紅参は高麗人参の中でも最も品質の良い6年根を主に使い、皮を剥かずに乾燥させているためジンセノサイドの量が最も多いのが特徴です。価格のほうもかなり高めで、安いもので数万円、高いものは数十万円します。
日本で一般的に売られている高麗人参は白参と紅参、これらから作られた健康食品や医薬品です。原産国と加工法を参考に自分に合った高麗人参を購入しましょう。

高麗人参を配合した市販薬や健康食品はドラックストアでも買える

気軽に利用できる

私たちの身近にあるドラックストアは、処方箋なしで買える一般用医薬品や健康食品を購入するときに便利です。専門店ほど品揃えが豊富ではありませんが、粉末や濃縮エキスなどが充実しているため敷居が低いのがメリットです。
これらの高麗人参を加工した商品は、薬ではないため効果効能は保証されていません。とはいえ高麗人参の含有量が10~30g程度の少量のものからあり、価格も2000~3000円前後からと手ごろなため、買い求めやすいのがメリットです。

手に取って選べる

薬剤師さんが常駐している店では自分の症状を相談し、説明を受けながら購入できるため安心です。これらの商品はインターネット通販でも買うことはできますが、ドラックストアは実際に手にとってパッケージを確認したいという方におすすめです。

高麗人参の市販薬の特徴

高麗人参を配合した市販薬も売られています。ドラックストアで売ることができるのは一般用医薬品と呼ばれる処方箋を必要としない薬です。高麗人参を配合した一般用医薬品は第二類医薬品、第三類医薬品、指定医薬部外品です。生薬の高麗人参と同じく滋養強壮、疲労回復、血行促進などの効果を謳ったものが多く見られます。
医師の診断なしでも買うことができますが、自分の症状に合わせて処方してもらった漢方薬と比べるとあまり高い効果は期待できませんし、副作用などの心配もあります。

ドラッグストアのデメリット

ドラックストアには高級品である高麗人参の根や処方箋が必要な漢方薬を購入できないというデメリットがあります。また、1か月分などある程度たくさん欲しいという場合、ドラックストアで売られている内容量の少ない商品はかえって割高になってしまいます。
ドラックストアはあまりお金をかけずにとりあえず高麗人参を試してみたいという方に適しています。自分が使いやすいものを選んでみてください。

漢方専門薬局で漢方薬を購入する

漢方専門薬局の特徴

生薬である高麗人参は「人参湯」を始めとする多くの漢方薬に使われています。漢方薬自体はドラックストアでも購入することができます。しかし、処方箋なしで買える一般用医薬品に分類される漢方薬は万人向けのため種類が少なく、配合されている生薬の量も約半分です。
処方箋の必要ない一般用医薬品とは違い、病院や薬局で処方箋を書いて貰う必要がある医療用医薬品はドラックストアやインターネット通販では購入することができません。
そこでおすすめなのが漢方薬を専門で扱う薬局です。漢方薬に特化しているため、一般の薬局よりも高麗人参を豊富に取り揃えています。有効成分をたっぷり含んだ紅参を処方してもらえるのも漢方専用薬局の魅力です。

自分に合った高麗人参を選べる

漢方専門薬局では漢方に精通した薬剤師が丁寧な問診を行います。そしてひとりひとりの症状、体調や体質に合った薬をその場で処方してくれます。さらに漢方医とも連携を取っていますからきめ細かなケアを受けることができます。
持病のある方は薬の飲み合わせについても相談することができます。「漢方についてよく分からない」という漢方薬初心者の方にもおすすめです。
なお費用は病院で処方される漢方薬と変わりません。もちろん漢方薬以外にも、粉末や濃縮エキスなどさまざまなタイプの高麗人参商品が売られていますから、合わせて購入しても良いでしょう。
漢方薬は即効性はなく効き目は穏やかですが、体に負担をかけず副作用が少ないのが特徴です。長く続けることで症状だけでなく体質を改善することができます。高麗人参の根を買って煎じて飲むのはちょっと敷居が高い、ちゃんと効果が得られるのか不安という方も、漢方専用薬局で処方してもらった漢方薬なら安心です。

韓国に行って購入する

定番は駅や空港、デパ地下

高麗人参は韓国土産の定番です。韓国を旅行で訪れた際にはぜひ本場韓国産の高麗人参を購入したいものです。韓国で高麗人参を買う場合はターミナル駅や空港などに出店している土産物屋さん以外にも、百貨店、市場、専門店などさまざまな場所で購入することができます。
大手百貨店の地下食品売り場いわゆるデパ地下では市場よりも割高ですが、質の良い高麗人参を扱っています。韓国でも百貨店は一流のサービスを提供していて日本語が使える店員が多くため、落ち着いて買い物ができるのが魅力です。

種類が豊富な市場、高麗人参専門店街

一方、市場は百貨店よりも安く購入できるのが魅力です。ソウル市内でおすすめは「南大門市場」です。600年の歴史があり毎日のようにソウル市民や観光客で賑わうこの市場には、1万余りの店が軒を連ねていて食品や日用品を中心にありとあらゆる商品が所狭しと並んでいます。
メインストリートの北側には高麗人参の専門店が集まる「高麗人参店街」があります。専門店では定番の粉末やエキスのほか人参茶に人参酒、高麗人参入りの飴やチョコレートといったお菓子までさまざまな商品が売られています。ここでは高価格帯の商品がよく売れる傾向にあり、最高級の紅参やそれを使った加工品が人気です。

製品の種類ごとに平均的な価格を以下にまとめます。

白参 紅参
生薬の根 35,000~100,000ウォン 40,000~3,000,000ウォン
濃縮エキス 25,000~150,000ウォン 30,000~350,000ウォン
カプセル 15,000~120,000ウォン 25,000~250,000ウォン
粉末 48,000ウォン~
※2005年時点の価格です。

なお韓国で高麗人参はそのときによって価格が大きく変動することを留意してください。手ごろな価格の商品も充実していますから、家族や友人の分も買っておきましょう。日本語が通じるお店も少なくないため安心して買い物ができます。

高麗人参名産地へ行こう

時間がある方は高麗人参の名産地である忠清南道錦山郡、仁川広域市江華郡に足を運んでみてはいかがでしょうか。
韓国西中部に位置する錦山郡(クムサンぐん)には「人参の町」として知られる錦山邑(クムサンウブ)と中島里(チュンドリ)があり、毎月2と7のつく日に「錦山人参市場」が開かれます。ここでは韓国で生産される約8割の高麗人参が取引されています。
仁川広域市の北西部に位置する江華郡(カンファぐん)は仁川国際空港が近いこともあって多くの外国人観光客が訪れます。江華郡で獲れる高麗人参は「江華人参」と呼ばれ、重さがあって硬くて香りが強いことから人気があります。江華島にある「江華人参センター」では良質な高麗人参を安く買うことができます。

水参の購入に注意

市場で高麗人参を選ぶ際には注意点があります。庶民の台所である韓国の市場ではさまざまな野菜や魚介類とともに生の高麗人参である水参も売られています。一週間程度しか日持ちしませんが、日本では手に入らないうえに安価で質が良いことからつい買いたくなります。
しかし、海外旅行をされる方ならご存知の通り、外国から生の食材を持ち込む場合は検疫を通す必要があります。これは食材についた病原体や虫などの外来生物が国内に持ち込まれるのを防ぐ目的で、当然のことながら水参も対象です。
手続きが面倒なうえに、せっかく購入した高麗人参を没収される可能性があるため、お土産にはあまり適していません。没収されても諦めがつく方のみ購入することをおすすめします。ブラシなどで土を綺麗に落とすと検疫に通りやすいと言われています。

コリアタウンで購入する

東京新大久保や三河島、横浜の関内、大阪の生野などのコリアタウンでも高麗人参を購入することができます。わざわざ韓国まで行く時間もお金もない、でもドラックストアで手に入るものでは満足できない、通販は不安があるという方におすすめです。
本場韓国と同じく高麗人参の専門店がありますから、生薬の白参や紅参のほか、粉末やカプセル、濃縮エキスやドリンク、高麗人参茶に高麗人参酒などさまざまな商品が売られています。
自分の目で見て買うことができるため安心感がありますし、韓国に行かなくても韓国の雰囲気を味わえるのがコリアタウンの魅力です。品揃えも豊富で韓国の市場に近い価格のため多くの人たちで賑わっています。

インターネット通販で購入する

種類が豊富

インターネット通販では紅参などの生薬の高麗人参から、粉末、顆粒、濃縮エキス、ドリンク、高麗人参茶、高麗人参酒など実にさまざまな商品を買うことができます。
価格もさまざまで、安価な中国産から確かな品質の6年根を使用した高価な韓国産や日本産まで、あらゆる高麗人参を買うことができます。
自分の目で見て商品を選ぶことができないとはいえ、インターネット通販は家に居ながら買い物できて便利です。しかも品揃えも豊富で店ではなかなか買うことができない個性的な商品も入手することができます。

商品の品質や安全性に注意

一方で高麗人参の多くは韓国や中国からの輸入品のため、品質や安全性が保証されていない怪しい商品を掴まされるリスクもあります。
近年は中国産を韓国産と偽った産地偽装が相次いでいるほか、基準値を超える農薬や細菌が検出されるといった事例が毎年のように多数報告されています。
インターネットで高麗人参を購入する場合は信頼できる業者から購入しましょう。大手インターネット通販サイトなら大丈夫だろうと思っても、実際に商品を輸入して販売しているのは別の業者である場合が大半です。

banner
Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.