banner

医薬品としても活躍する高麗人参

私たちが普段体調を崩した時に通う病院では、多くの場合西洋医学に基づいた治療・医薬品の処方をされますよね。 西洋医学では、病気の原因(ウィルスなど)を排除するような、いわば攻撃型の治療をします。 このような治療方法は、原因がはっきりしているときには大きな効果を発揮します。 反面、薬の副作用に悩まされることもありますし、原因がはっきりしない症状に対してはあまり効果を発揮できないこともあります。 急激な症状などに有効です。

漢方医学では、自己の免疫力を高めるなどの守備型の治療をします。 身体全体の機能のバランスをとるという考えのもとに足りないものを補っていくのです。 もともと備わる治癒能力を引き出しますので、原因のはっきりしない症状や未病と言われる状態に効果を発揮します。 ゆっくりと時間をかけて治していきますので、急激な症状には向いていません。 しかし、正しい知識のもとに漢方薬の処方を受けると、西洋医学の薬では治癒できない病気でも治癒できた例が沢山あります。

西洋医学も漢方医学も、ともに素晴らしい点を持っており、最近では病院でも漢方医学を取り入れているところが少なくありません。

また、街で漢方薬局などもよく見かけますよね。

漢方薬局では、医薬品としての高麗人参の入手することができます。 症状に合わせて、粉末・煎じたものなどを処方してもらうことが出来るのです。

他にも、毎日ちょっとづつ服用する薬用酒というものもあります。 CMなどでも有名なものが出ていますよね。 毎日続けることで、身体の調子を整えて病気を防ぐことができます。

内服液タイプでも医薬品ドリンクがあります。

医薬品としての高麗人参は、比較的簡単に入手することができます。 それぞれに特徴がありますので、自分にあったものを試してみると良いでしょう。

また、漢方薬局での処方は、専門の知識を持った人に症状や気になる点に対しての処方を行ってもらえますので、 病院が苦手な方、病院では治せなかった方も行ってみると良いかもしれません。 なお摂取方法については、高麗人参は飲み方が肝心を参照してください。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.