banner

妊娠中の高麗人参

妊娠をするということは、自分のからだの中にもうひとつの命が存在するということです。 小さな命を、健やかに育んであげられるのは、ほかでもない、その小さな命の母親です。 また、周囲の協力も大切ですよね。

例えば、母体のみならず、周囲にタバコを吸う人がいる場合は赤ちゃんに大きな悪影響を与えることは知られています。 知能の発達が遅れたり流産や早産、未熟児の原因となるのです。

その他にも、赤ちゃんがお腹に宿ったら注意しなくてはならないことは沢山あります。 アルコールの摂取は赤ちゃんの成長や健康状態に影響を与えますから、妊娠したら禁酒!が基本ですよね。

タバコ・アルコールと並んで特に注意することに、 薬の服用があるかと思います。

薬によっては赤ちゃんの器官や機能に悪影響を与えることがあります。 奇形や発育に影響しますので、妊娠中の薬の服用には十分な注意が必要です。 体調が悪い時などは、必ず医師に相談した上で適切な処置を行ってもらいましょう。

このように、妊娠中はいろいろなことに注意していますから、 それまで高麗人参を服用していた方も妊娠と同時に服用をやめてしまうことがあります。

確かに高麗人参には健康維持や病状改善に高い効果を発揮しますので、なんとなく薬と混同してしまう気持ちもわかりますが、 高麗人参は自然の植物です。

健康補助食品に分類され、副作用はありません。

高麗人参には血行促進の効果があるのをご存知でしょうか? 血液の循環を良くすることによって、妊娠中起こりがちな貧血への効果もあり、 また、赤ちゃんへ栄養をスムーズに運ぶことが出来るのです。

基本的に、高麗人参を妊娠中に服用することは問題がなく、 妊娠中には適したものとも言えます。

しかし、妊娠すると多くの人が体質などが変わることがありますよね。 もしかしたら、アレルギーなどを起こす可能性もありますので、 医師に相談した上で問題が内容なら服用すると良いでしょう。

過剰摂取は避けるように気をつけましょう。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.