banner

高麗人参に5つのツボ!

高麗人参には、その魅力がたっぷりつまっています。その魅力を今回は5つのツボにまとめてみました。

まず、第一のツボは『サポニン』です。 サポニンとは、高麗人参に含まれる主成分で、非常に高い健康効果が期待されています。 最近では、テレビなどのメディアでもしばしば取り上げられるサポニン。 このサポニンのおかげで、高麗人参には様々な効能があります。 例えば、疲労回復・血液の流れをよくする・男性機能回復などなど・・・ しかも高麗人参は、こういった従来の健康食品にも期待できる効果だけではなく、精神的な側面にも効果をあらわしてくれます。 自律神経失調症や不眠症など、その効果は多岐にわたります。 記憶力向上にも効果が期待されるそうで、認知症の改善にも役立っているそうです。

第二のツボは、『歴史』です。 アジアを代表する薬草として高麗人参を一番に連想する人は多いのではないでしょうか? 古来から、万能薬として様々な場面で役立ってきました。 原産は中国や朝鮮半島で、数千年も昔から使用されていたようです。 日本へ伝来したのも、はるか昔のこと。 記録として残っているのは739年、聖武天皇の治世だったそうです。 現代でも、高麗人参の研究は続けられています。

第三のツボは、『栽培』 高麗人参は非常に栽培に手のかかる食物としても有名です。 栽培される土地の栄養分をすべて吸収して、高麗人参は育ちます。 その為、高麗人参を栽培した土地は、十数年も経たないと次の作付けが出来ないのです。 最高の高麗人参が出来上がるまでにも、土地作りから始まって植え付けから収穫に至るまでになんと6年から9年もかかります。 これは、つい最近まで高麗人参が高級品だった大きな理由のひとつです。

第四にあげられるのは『効能』です。 中国では古くから”精神を安定させ、身体の毒を除き、身を軽くさせ長生きに導く”といわれてきました。 さらに”万能薬”とも言われています。

最後に『美容効果』です。 高麗人参の化粧品や美容ドリンクは、現在では様々なメーカーから発売されています。 特に韓国コスメには、こういった商品が多いようです。 さすが本場といったところでしょうか。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.