banner

気になる!高麗人参と動脈硬化の関係性

厚生労働省によると、日本人の約3分の2の人が生活習慣病でなくなっているとされています。 一言で生活習慣病といっても、その病気に種類は実に多岐にわたります。

分類すると【糖尿病】【脳卒中】【心臓病】【脂質異常症】【高血圧】【肥満】となります。

生活習慣病というのは連鎖して病気を起こしやすいものでもあります。

生活習慣病の中でも耳にすることが多い【動脈硬化】。 動脈硬化は、様々な要因で引き起こされ、様々な病気の原因となる恐ろしい病気です。

動脈硬化の原因といえば例えば高血圧があります。 高血圧には、原因の特定できるものと、原因の特定できないものがあります。 原因がわかるものを「二次性高血圧」といい、原因の特定できないものを「本態性高血圧」といいます。

実は、日本人の高血圧のほとんどは、原因の特定できない「本態性高血圧」といわれています。 この高血圧を放置してしまうと、やがて動脈硬化を引き起こす原因となるのです。

また、中性脂肪・コレステロールが血管内に侵入することも原因となります。

硬くなった血管は傷ついて血栓を作ってしまうので、硬化の悪循環となるのです。

生活習慣病が深く関わる動脈硬化は、さらなる重大な病気を引き起こします。
脳卒中や心臓病が主なものです。

このような簡単な説明だけでも命に関わる恐ろしい病気ということがお分かりいただけるかと思いますが、 現代人はその生活習慣ゆえに動脈硬化を患う人が大変多いのが事実です。

動脈硬化の高血圧への作用は、高麗人参の血圧調整機能とは?でもご覧いただけます。

生活習慣病は、日頃の食生活の改善や適度な運動を習慣付けることで予防していくことが大切です。

高麗人参は動脈硬化にも高い効果を発揮してくれるので、毎日の生活に取り入れると、健康回復の大きな助けとなります。 高麗人参は、動脈硬化の原因となるコレステロールの分解・排出を促し、血栓を抑制・溶解する作用もあるのです。

気がつかないうちに進行してしまっている動脈硬化を効率的に改善でき、薬のような副作用がないというのが大きな魅力です。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.