banner

育毛アイテムとの併用

薄毛や抜け毛などの髪の毛のトラブルは老若男女を問わず、
非常に深刻な悩みでしょう。

頻繁に利用されるのは「育毛シャンプー」や「育毛剤」です。
これらのアイテムは髪の毛と頭皮に負担をかけずに栄養を補給するという点に優れており、非常に有用性が高いことから、多くの製品が登場しています。

では、具体的にはそれらのアイテムにはどのような機能と作用があるのでしょうか?また、その特徴を詳細に考えてみましょう。

まず最初に考えるのは「育毛シャンプー」です。
これは従来の市販されているシャンプーと一体なにが違うのでしょうか?
数百円で1本買える従来のものと比べて比較的高いという印象しか残らない・・・というのが殆どの方の第一のイメージかとは思いますが、実はまったくと言っていいほど異なる点があるのです。

それが頭皮・髪の毛への負担とケアです。
一般的には、従来品のCMなどを見ているとあたかも髪の毛と頭皮を保護してケアをしているような印象をうけますが、実はそれは間違った認識です。

スーパーやドラッグストアで販売されている安価な従来のシャンプーは高級アルコールシャンプーという分類に区分されるもので、髪の毛と頭皮に対して非常に強い刺激を与えてしまうというデメリットが挙げられます。

その背景となっているのが、シリコンやラウリル硫酸などの配合成分です。

もし、そういった市販の高級アルコールシャンプーを使っているという人は、一度裏面に記載されている配合成分を見てみて下さい。

シリコンや硫酸などの成分の他にも、粗悪品には着色料や合成香料などが含まれていることもあるので、それが薄毛の原因になってしまう事もあるのです。

また、もうひとつのデメリットとしては「洗浄力が強すぎる」という点も大きな問題として挙げられるでしょう。

洗浄力が強いのは良い事・・・だと勘違いしてしまう人は少なくありませんが、実際にはこれほど髪の毛と頭皮に悪いことはありません。

髪の毛の脂分である「皮脂」はただ取り除けば良いというものではないのです。髪の毛と頭皮にとって必要最低限の量があり、それまで取り去ってしまうことによって頭皮は傷つき、乾燥した状態になってしまいます。

その効果・効能として代表的なものとして挙げられるのが、
高麗人参の「血液の流れを促進させる」という効果です。

近年では生活習慣病の患者が急増しているという背景からもうかがい知れるように、私達日本人の生活リズムは著しく乱れています。

それに伴って危惧されているのが、血中のコレステロール値が向上してドロドロ血液になり、血の巡りが著しく悪くなるという影響です。

こうなってしまうと、髪の毛にも悪影響があります。

髪の毛を生やしているのは「毛母細胞」という細胞です。細胞には血液を通して栄養と酸素が受け渡されているわけですが、その栄養を使って細胞はエネルギーを生み出しているのです。

つまり、血の巡りが悪くなると髪の毛をはやす細胞が働かなくなってしまうという事になりかねないのです。

すくなくとも、働きが鈍くなるリスクがあります。

そこで肝心になってくるのが、血行を促進して、
しっかりと髪の毛に栄養を届けるという事になります。

そのサポートをするのが育毛剤という訳です。
もちろん、髪の毛や頭皮には負担がかからない様になっている製品もあり、
それらが所謂「良質な育毛剤」と考えられるという事になります。
きちんとした生活習慣を送り、頭皮を清潔に保ち、育毛剤と高麗人参を併用することで
育毛に関するある程度の悩みは解消できるでしょう。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.