banner

高麗人参はガンにも効果あり?

私たち日本人であれば、『ガン』のおそろしさを知らない人はいないでしょう。 なにしろ『ガン』は、日本人の死因の第一位となっているくらいです。

そもそも『ガン』は悪性の腫瘍のことをさしていて、放っておけば転移や増殖を繰り返し、身体中を『ガン』にむしばまれてしまいます。 現在においても、転移をはじめてしまったガンを完全に取り除き、治癒することは難しいとされていて、それ故に『死を招く恐ろしい病』として知られているわけです。

この恐ろしい『ガン』という病気は、生活習慣の乱れから引き起こされるとされています。
生活習慣病については気になる方は、高麗人参と生活習慣病!も参考にご覧ください。

特に、日本においてガンが死因の第一位となったのは1981年のことで、『食の欧米化』がより顕著になってきたころであるといえます。

『ガン』は肉食や喫煙、飲酒などから発生するのと同時に、塩分のとりすぎなどもリスクを高めるものとして知られています。

特に喫煙については、口腔、咽頭、喉頭、食道、胃、肺、膵臓、肝臓、腎臓、尿路、膀胱、子宮頸部、骨髄性白血病などなど・・・ 様々な部位を『ガン』にむしばまれる原因となります。

一般的にも認識されている知識ではありますが、再度頭にいれておきましょう。 なにしろ、ガンのリスクを高めることは、すなわち命を削るのと同じようなものなのですから。

肉食や喫煙などの根本的な『ガン』発生のリスクと直結している要因の改善のほかに、 私たちは一体、どのような対策をとれるのでしょうか?

その答えは『高麗人参』にあります。

高麗人参は古くから万能薬として、その効果を認められてきましたが、その効能はガンの予防にまで応用できるのです。 その背景には、高麗人参のサポニンという成分がカギを握っています。

このサポニンが、タンパク合成を促すことで、新陳代謝と免疫力を高めてくれます。 それにより、がん細胞を抑え、殺傷するのです。つまり、ガンが発生してしまった後でも高麗人参は薬効を発揮するというわけです。 具体的には、転移を抑制することが期待されます。

高麗人参でがんを予防することも検討してみてもいいかもしれません。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.