banner

健康料理!サムゲタン!

高麗人参の摂取方法は様々です。 なんといってもその歴史は4000年とも5000年ともいわれているくらいですから、その間に様々な人が高麗人参の服用について研究してきたことでしょう。

そして、現在ではサプリメントをはじめとする様々な服用方法が選択できるようになりました。 高麗人参のとらえ方そのものも様々なものがあります。『生薬』としての高麗人参、『漢方薬』としての高麗人参。 さらには医薬品としての高麗人参も登場していますし、美容品としても応用されています。 そして『食材』としての高麗人参もあります。

高麗人参の本場である韓国では、高麗人参は家庭料理の材料として親しまれています。 特に『サムゲタン』という料理は、韓国では知名度の高い、国民的料理だそうです。 いったい『サムゲタン』とはなんなのでしょうか?

まずは、『サムゲタン』の作り方から見ていきましょう。 はじめに鶏肉の内蔵などを腹からとりだして綺麗にします。その中に高麗人参やもち米などを詰め込むのです。そして2~3時間煮込めば完成です。 そして、ひとりにつき鳥を一羽づつ、スープと一緒に土鍋などにいれてだします。

この『サムゲタン』の特徴のひとつとして、調理時にはほとんど味付けをしないということが挙げられます。 個々人が料理を出された後に、塩やこしょうなどで味付けするのです。

サムゲタンは、高麗人参の栄養が直にしみだした栄養満点のスタミナ料理として知られています。 美容への効果も高いとされていて、美容に高い意識をもった若い女性などの層にも人気があります。(高麗人参に美容効果があるって本当?で詳細を解説しています) また、土用の丑の日の鰻のような位置づけもあり、夏の暑さの厳しい日に提供されることが多いようです。

ちなみに、韓国ではサムゲタンの専門店もあり、そういったお店では、オゴルケタンやオッケタンなどの派生料理も食べられるそうです。 日本でも、レトルトなどでたべられるほか、韓国料理店などで食べられることもあります。 ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.