banner

高麗人参で認知症を防ぐ

年齢を重ね、老齢になるにつれて多くの人は物忘れが多くなったり、物覚えが悪くなったりするものです。 認知症は、一見すると老化に伴う機能の衰えと同じように思えますが、 実は全く異なるものです。

認知症とは、病的な症状を示すものを指します。 まず、認知症には3つの種類があります。 【アルツハイマー型認知症】 65歳以上の10人に1人が発症すると言われています。 脳の神経細胞の減少により脳が小さく萎縮してしまうというものです。 発症から10年から15年で死亡するケースが多いようです。

【脳血管性認知症】 脳の血管に、詰まり・破れなどの異常が起こり、脳が正常に機能しなくなるというものです。 感情のコントロールができなくなったり、意識レベルの低下により別人のような行動を取ったり、といった症状があるのも特徴です。

【レビー小体型認知症など・・・】

認知症は、物忘れがひどくなる、場所や日時が分からなくなる、思考能力が低下する・家族や知人のことを忘れてしまう・・・ といった知的能力の低下や、 徘徊・不眠・暴力・異色・弄便・幻覚・うつ・妄想・夜間に興奮して言動が異常になる といった行動・心の障害、また、日常的な動作ができなくなるといった症状が現れます。

認知症には根本的な治療薬が未だありませんが、現在研究が進められており、 高麗人参の認知症に対する効果も研究され、臨床試験結果も発表されています。

アルツハイマーの発症は、アミロイドβ蛋白の増加・蓄積が神経細胞を死滅させることによるものという仮説があるのですが、 高麗紅参により神経細胞の死滅を抑制できるという結果が確認されているのです。

もし、自分はもしかしたら認知症の初期段階にあるかもしれない・・・と思ったり、 最近物忘れがひどくなってきた・・・と感じたら高麗紅参を試してみると良いかもしれません。

高麗人参は、副作用がありませんので安心して利用することできますので、大変心強い味方となるでしょう。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.