banner

高麗人参のツボ!連作・輪作

その有用性の高さとともに、一昔前までは非常に高価なものだった
という事実が知られています。

テレビなどで見る時代劇では、親の病気を治そうと、
村の娘が全財産をはたいて、高麗人参を買うという様な描写も見かけます。

実際にそこまで大金だったのか?
という疑問もあるかもしれませんが、実は当時はモノによっては、
家の一軒くらいの値段になることもあったようです。

これは、いったいどんな理由からそうなったのでしょうか?
結論から言えば、その背景にはズバリ「栽培のむずかしさ」があります。

日本に高麗人参が初めて伝来したのは、奈良時代のころ。
つまり、700年位のことですが、栽培に成功したのは、
それから1000年以上経った後の江戸時代、徳川吉宗の時代だったそうです。

これだけの期間にわたって日本での栽培が出来なかったのは、
単純に栽培の難易度が高かったから・・・というだけの理由だったそうです。

それだけ、高麗人参は希少で価格も高騰していたのですね。

では、具体的にはどんな点が難しいのでしょうか?

まず、もっとも大きな問題として挙げられるのが栽培サイクル。

ほとんどの農作物は、土地作りをして種を植えて、収穫をして、
その後はまた土地作りをして種を植えることが出来ます。

これは、言うまでもない非常に当たり前の流れですよね。

しかし、高麗人参はこの点からして大きく異なります。
土地の栄養を吸い尽くして、栄養を蓄えるという性質を持っているからです。

具体的には、土地作りに約1年から2年が必要になります。
そして、栽培開始から収穫までの期間は約6年です。
これは六年根がもっとも豊富に栄養を蓄えているからという理由になります。

そして、問題になってくるのがこの後の流れです。
高麗人参が土地の栄養分を吸い尽くしてしまっているという影響から、
次の作物を育てるような土地の状態ではなくなってしまうのです。

つまり、栄養がカラカラになくなってしまっている状態・・・
次に作物を育てることが出来るようになるまで約10年間は土地を休ませる
という必要が出てくるのです。

簡単にいえば、10年間は何も育てられないのです。
こうなってくると、非常に生産性が悪くなってしまいます。
広大な土地を持っていたとしても、栽培環境に適している土地でなければ、
連作することはできません。

そこで、様々な工夫とアイデアが必要になってくるわけです。

ちなみに、日本での栽培が長い間うまく行かなかったのは、
発芽までの難易度が高かったからだと分析されています。

ちなみに高麗人参を栽培するうえでポイントになってくる点として、
「連作」と「輪作」が挙げられますが、
これは具体的にはどんなモノなのでしょうか?

まず、連作について詳しく解説していきます。
連作とは、同じ土地で同じ作物を連続して栽培することを指しています。
高麗人参については、この連作が難しいがために大量生産が至難の業とされていましたが、最近では科学技術の発展に伴って、連作のサイクルも非常に短くなってきました。

その具体的なテクニックとして挙げられるのは、
「有機物の投入」などによるオーガニック栽培や輪作などでしょう。

高麗人参の栽培、特に六年根を育てるのが難しいと言われている理由の一つとしては「虫害」が挙げられますが、 この害虫は大抵が栽培している植物に害をなすことが殆どです。

そのため、有機物を土地に混ぜ込んでいくことによって、土地の微生物を多様化させて害虫の発生を抑えることが出来ると言われています。

そんな様々な工夫を加えることによって、韓国などの原産国では古くから高品質な高麗人参を生産する事を可能としています。

そういった伝統を持っている生産地は今でも栽培技術を誇りとして持っていて、高品質な「ブランド産地」として国際的な信頼を得ているのです。

そんな代表的なブランド産地として挙げられるのが、韓国のプンギです。

プンギの高麗人参は繊維の密度が非常に高いという特徴があり、
さらに、含有するサポニンの種類・量ともに最高レベルであるという事から、
高い評価を得ている一流の原産地として知られています。

日本でもその名は知られており「高麗美人」という製品にも、
この産地の六年根が100パーセント使用されているなどの特徴があります。

古代においては、プンギ産の高麗人参は皇帝に献上する為に栽培されており、
その高い有用性を窺い知ることが出来ます。

ちなみに、「高麗美人」は美容に特化した商品として女性に人気で、
日本で支持を得ている最高品質の高麗人参製品です。

コストパフォーマンスも非常に高く、一回あたりの費用に計算してみると、
ジュース一本を購入するよりも安く使用できるということから、
財布にも優しく続けやすい製品といえるでしょう。

継続的な摂取がもっとも効果を実感しやすいポイントになることから、
その点でもイチオシの製品と言えるでしょう。

私も実際に使用している製品であり、
飲み始めてから数週間で肌の状態がかなり改善されました。

アンチエイジングや美肌効果を考えている方には、
ピッタリの製品と言えるでしょう。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.