banner

高麗人参の飲み方いろいろ

高麗人参の飲み方にもいろいろあるという事はご存じでしょうか? 例えば、煎じて『お茶』として飲んだり『サプリメント』として飲んだりと方法は多岐にわたります。 いずれの方法を採用したとしても、効果のほうは材料となる『高麗人参』の品質で異なります。 その『品質』というのは『紅参』であること『六年根』であることが高い効果を得るために必須条件です。
六年根にこだわる・・・その理由とは?紅参にこだわる・・・その理由とは?

しかし、『お茶』として高麗人参を煎じて飲むのはあまりオススメできる方法ではありません。 というのも、高麗人参の味は好き嫌いがはっきりわかれるところだからです。 実際に高麗人参の効果に期待していたり興味を持っている方には、ぜひ高麗人参の薬効を実感して頂きたいのです。 それほど高麗人参は素晴らしい薬草です。

そこでオススメしたいのは『サプリメント』の高麗人参です。 サプリメントなら味はほとんど気になる事はないでしょう。もし高麗人参の味が好きというなら、たまにサムゲタンやお茶を飲むようにするといいのではないでしょうか? また、高麗人参は継続して飲むことで効果を発揮します。 その点からみても、高麗人参をお茶として飲むのは多少大変です。わざわざ一時間程度かけて煎じるのは、毎日やるには骨が折れます。 その一方で、サプリメントなら一瞬で飲むことができるので、忙しい現代の日本人にもぴったりではないでしょうか?

ではサプリメントを選ぶときはどういった基準で選べばいいのでしょうか? ポイントは『抽出方法』です。 高麗人参のサプリメントには大きくわけて『水抽出』したものと『アルコール抽出』したものの二つがあります。 それぞれのメリットとデメリットをわかりやすく書き出してみましょう。

『アルコール抽出』のメリット
・短時間で抽出ができる→製造の効率が良い

『水抽出』のメリット
・サポニンをはじめとする様々な有効成分をあますことなく抽出できる

『アルコール抽出』のデメリット
・サポニンなどの有効成分をあまり抽出できない

『水抽出』のデメリット
・抽出に時間がかかる→製造の効率が悪い

ずばり、『水抽出』にこだわるのがオススメです。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.