banner

高麗人参で記憶力UP!

近年、ゲームやテレビなどで『脳の若返り』や『記憶力向上』といった趣旨のものが流行しています。 子供から大人まで、だれでも『記憶力』はひつようです。

子供であれば、当然のことながら勉強で必要になりますし、大人になっても、仕事で必要になってくるでしょう。 ましてや、もうすこし年をとっていけば、ますます記憶力を維持・向上していく必要性があるのではないでしょうか? 『老化による記憶力低下』は誰もが知っている、ちょっと困った症状です。 できれば、年をとっても、身体も脳も元気でいたいものです。

そんな『記憶力向上』にまで高麗人参は高価を発揮してくれるのです。 ちなみに、高麗人参の学名は『panax』といい、これは万能薬という意味を持っています。 それをふまえると、記憶力向上にまで薬効があるという点も多少理解できますね。

しかし、高麗人参による記憶力向上のメカニズムまで説明しなければ、いささか疑わしいはなしですよね。 なんといっても、高麗人参は糖尿病や高血圧、さらにはガンまで治してしまう(高麗人参で何を予防できるの?高麗人参で何を改善できるの?で詳細を解説)上に、インフルエンザや風邪を予防・改善する力もあり、さらには記憶力向上に役立ちますから、 あまりにも薬草として優秀すぎると思う方は多いでしょう。

そもそも高麗人参の効能の秘密には、『ジンセノイド』とよばれる特殊成分の力によるものが大きいのですが、 この『記憶力向上』もジンセノイドのおかげです。 このジンセノイドのRb1という成分が、アセチルコリンと呼ばれている伝達物質の分泌を促します。 それが作用する事で、脳が刺激されて記憶力が高まるというわけです。

これが、高麗人参の『記憶力向上』のメカニズムです。 ご納得いただけたでしょうか?

さらに、高麗人参はストレス解消などの精神的な鎮静作用やをはじめ、疲労回復や『認知症』の改善にも役立つことが知られています。 もちろん医薬品ではないので、副作用や毒性はありません。 ただし、あくまで用法と用量はまもるようにしましょう。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.