banner

健康料理!高麗人参酒!

身体を作るのは、毎日の食事です。 毎日栄養の偏りのある食事をとっていては、身体は次第に不健康になり、やがて病気を引き起こします。 しかし、毎日栄養バランスのとれた食事をとっていれば身体は健康に保たれることでしょう。

食事は健康の源ですので、健康維持の大きな助けとなる高麗人参を、普段の食生活に取り入れることが出来たら嬉しいですよね。

高麗人参の本場「韓国」では、一般家庭でも高麗人参を食材にしています。 高麗人参の風味がちょっと苦手・・・ という方でも、調理方法によっては美味しく摂取できるかもしれません。

一般的な高麗人参の調理方法をいくつかご紹介致します。

代表的な料理の前に、調理前の高麗人参の処理を記載しますね。 まず、土などの付着物をキレイに取り除きましょう。 水を流しながらブラシなどでこすってあげると細かい部分までキレイに付着物を落とすことができます。 苦味の強い側根は切り落とし、別の用途に使いましょう。(お茶など) また、多くの場合、頭の部分は切り落とします。

「1~2年根」
【サムゲタン(参鶏湯)】
鶏の中にもち米・高麗人参を詰めて、高麗人参・ナツメ・ニンニク・栗のスープで煮たものです。
ネギや卵をちらして食べます。

「4~6年根」
【高麗人参酒】
一升瓶などによく洗った高麗人参と焼酎を入れる。
一ヶ月程度密閉保存して完成。
完成後も高麗人参は取り除かないでください。
手間がかかるので、市販の商品を購入するのがお手軽です。
詳しい作り方を知りたい方は色々な高麗人参酒の作り方をご覧ください。

【ハチミツ漬け】 高麗人参をパクッと食べやすい大きさに切る。(5ミリ程度) ハチミツに漬けて完成。

【ヌカミソ漬け】
ヌカ床に高麗人参をまるごと漬けます。
一晩おいて完成です。

最近では、サムゲタンは日本でもよく食べられていますよね。 韓流ブームの影響もあるのか、韓国料理店が増えているように思います。 サムゲタンであれば、独特の風味の高麗人参も美味しく食べられる人も多いようです。

また、高麗人参はお酒との相性がバッチリなのも特徴です。 作り方もとても簡単で、2回まで抽出出来ます。 もっとも、摂取をしすぎても効果が高まるわけではありませんので適度に飲むようにしてください。 朝と晩におちょこ1杯が目安です。

高麗人参を食生活に上手に取り入れて、美味しく健康を手に入れましょう。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.