banner

骨粗しょう症に有効な高麗人参?

我々の母国、日本が近年、慢性的に抱えている重大な問題のひとつとして真っ先に挙げられるのは『高齢化社会』ではないでしょうか? そもそも高齢化社会とは、総人口のうち、65歳以上の方の割合が大半を占めている、高齢者人口が増大した社会のことを指しています。

現在の日本では、この65歳以上の方は人口の20パーセント以上を占めています。 しかも、2050年には日本人の2.5人にひとりがお年寄り、つまり高齢者の人口が40パーセントにも達するというのですから驚きですよね。 驚きだけではなく、様々な不安が発生してくるということは言わずもがなお分かりかと思います。

例えば、お年寄りのかかりやすい病気・症状である『骨粗しょう症』を患う人は急増していくことでしょう。 この骨粗しょう症は、骨を構成するカルシウムが加齢などの原因から不足してしまうことにより発生してしまうのです。 男性よりも女性のほうがかかりやすい症状であるということは、意外に知られていないかもしれません。これは、閉経によりカルシウム不足が深刻化することに原因があるそうです。

そして、骨粗しょう症にかかってしまうと僅かな衝撃や些細なきっかけで骨折してしまいます。 非常におそろしい症状といっても過言ではないでしょう。また、寝たきりになってしまう方の原因の一位は脳卒中、二位は老衰ですが、三位はこの骨粗しょう症です。 すこしでも対策や予防ができれば、心強いところですが、具体的で効率的な対策を知っているかたはごく少数に限られています。

ではいったい何が骨粗しょう症を予防してくれるのでしょうか? 実は、この骨粗しょう症を予防するのは、『高麗人参』が最適なのです。

ここで効果を発揮するのも高麗人参に含まれるサポニンである『ジンセノイド』と呼ばれる成分です。(ジンセノイドについてはジンセノシド効果とは?を参照してください) 実際に、医学的な研究結果も続々と報告されているほど、高麗人参と骨粗しょう症の関係は注目されています。 高麗人参は主に、骨粗しょう症の予防効果があるということが示唆されていますが、今後もさらに研究が進んでいくことでしょう。

いずれは、高麗人参が深刻な社会問題を解決する日がくるかもしれません。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.