banner

高麗人参と水の意外な関係・・・

作物を育てる時も、料理を作るときも、人の身体を作るにも大切なのが「水」ですね。 水は地球に生きるもの全ての命の源となっています。

人の場合、水道水を引用し続けることはガンの発生率を高めることもあるそうです。

高麗人参を育てる時も、もちろん水が重要な鍵を握ります。

良い高麗人参を育てるには、水はけが良いことも条件のひとつです。 水はけが悪いと、根腐れなどを起こす原因となるのです。

また、サプリメントなどにする際は、高麗人参の成分を抽出する必要があるのですが、 この抽出方法にも水は大きく関係しています。

主な成分の抽出方法は、 水で抽出する方法とアルコールで抽出する方法があります。

アルコール抽出とは、だいたい45パーセントから55パーセントの濃度のエタノールで抽出する方法です。 水抽出に比べて保存が効き、効率的に抽出できるため、一般的に行われている抽出方法となります。 45~55パーセント程度の濃度であれば、水抽出に近いパーセンテージの抽出ができるのですが、 アルコールによって抽出できない成分があるのも事実です。

水抽出とは、高麗人参を水に浸けてじっくりと成分を抽出する方法です。 時間が掛かり、保存もあまり効きませんが、高麗人参の成分は水によく溶け出しますので高麗人参の成分をたっぷりと抽出することができます。

どっちもメリット・デメリットがありますが、できれば水抽出のものが良いでしょう。

高麗人参に含まれている成分は、サポニンだけではありません。 さまざまな栄養分が豊富に含まれていますので、できる限り多くの成分を抽出・摂取したいところです。(高麗人参の栄養素とは?にて解説)

手間や時間を惜しまずに作るほど良いものができる・・・というのは、一見古い考えに思えますが、 実は大切なことですよね。

高麗人参とアルコールの相性が良いことは知られていますが、 実は高麗人参とお水も相性がバッチリなのです。

この高麗人参とお水の深い関係を、是非選ぶ際の参考にしてみてください。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.