banner

高麗人参は肝臓病にも効く?

肝臓という臓器を知らない人はかなり少ないかと思いますが、その働きを正確にご存じの方は、もしかしたらあまりいないかもしれません。

そもそも肝臓が体内のどのあたりにあるのか答えられる人は、かなり限られているでしょう。 肝臓は、肋骨の下に隠れるように位置しています。上には横隔膜があり、身体のなかでもかなり大きな体積を持っている臓器です。 その働きは、ひとつだけではなく、様々な役割を果たしています。人・動物にとって必要不可欠な臓器なのです。

肝臓は、アルコールを分解する役割があるという事がもっとも有名な働きかもしれませんね。 この他にも、代謝を促したり、老廃物の解毒や排出、消化などなど・・・様々な部分で活躍しています。 また、その働きは、およそ500以上もあるといわれているそうです。

そんな肝臓が病気にかかってしまうリスクを想像したことはありますか?

これだけの役割をになっている肝臓が疾患を患ってしまうのは、身体にとってかなりの負担になることはなんとなくわかりますよね。 しかし、肝臓の疾患はほとんど初期症状がないため、気づいたら手遅れ・・・気づいたら症状がかなり進んでいるということがよくあります。 この黙々と働き続ける肝臓の様子から、『静かなる臓器』『沈黙の臓器』と呼ばれているそうです。

では肝臓病の代表的な症状とは一体なんなのでしょうか?

もっとも恐ろしい肝臓病として『肝炎』が挙げられることがしばしばあります。 ウイルス性の肝炎以外では、薬品やアルコール・アレルギーなどを原因として引き起こされることが多いそうですが、症状としては、肝臓が赤くはれあがり、触れば痛みを感じます。 この肝炎に代表される肝臓病は、21世紀の国民病ともいわれています。 その背景としては、やはり患者数の急増が挙げられます。

この肝臓病に対して、高麗人参は効果を発揮します。 現在のところは、高麗人参の肝臓への補助的効果が期待されています。 研究は今も続けられており、将来的には、肝炎の予防などに役立てられていくでしょう。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.