banner

高麗人参は「良薬口に苦し」?

【良薬口に苦し】・・・良く効く薬ほど苦い。ためになる忠言ほど聞きづらい。 という意味のことわざはあまりにも有名ですよね。 これは孔子の言葉とされています。

優秀な健康食品や生薬には、まさしくこのことわざ通りのものがあると思いませんか?

現代人の食生活は欧米化の傾向にあり、ハンバーガーなどのファストフードやお肉中心の食生活・お菓子などのジャンクフードも街にあふれています。 これらの食べ物は、口当たりもよくどんどんと食が進むのですが、身体には良くないことをみなさんご存知だと思います。

顕著な例が、こういった食生活が引き起こす生活習慣病患者数の多さですよね。(詳細は高麗人参と生活習慣病!

生野菜が嫌いという方や、サラダはあまりたくさん食べられない・・・ という方が多いのは、欧米化した食生活によって、野菜の美味しさがわからなくなっているということもあるのでしょう。

健康的な人生を送るために、心強い助けとなるのが高麗人参です。

【良薬口に苦し】のことわざ通り、高麗人参の独特の風味を苦手とする方は少なくありません。 生の高麗人参は、例えるならば、【大地の味】とでも言いましょうか。 土から採れた作物ですから、土の風味の印象が強いと言われています。

それはちょっと・・・という方、ご安心ください。 日本で健康補助目的に高麗人参を摂取する場合、生の高麗人参を食べる機会はそんなに多くありません。

最近では、粉末タイプ・サプリメントタイプ・ドリンクタイプなどさまざまなタイプの高麗人参が出ています。

粉末をお茶などに溶かして摂取したり、カプセルやタブレットなどのサプリメントタイプを水で飲んだりすれば、 そんなに苦労することなく高麗人参を摂取することができそうですよね。

韓国ではサムゲタンという料理に利用されたりもしています。 最近では日本で韓国料理を食べられるお店が増えていますので、 一度食べてみると更に親近感が湧くかもしれません。

高麗人参は口に苦し・・・とは言っても、乾燥した高麗人参は加工が容易ですので、 摂取しやすくする方法はいくらでもあるのです。

あまり味を気にせずに、健康補助のために自分にあった方法で摂取すると良いでしょう。

Copyright(c) 2013 Guide of Asian ginseng. All Rights Reserved.